タグ「納骨」が付けられているもの

お墓を、建立させていただいたお客さまの納骨は基本的に大将が、納骨式の立ち会ってサポートをさせていただきます

どうしても日程が合わないなどの場合には、お客さまが納骨をしていただく事になります

その場合には、香炉の部分を全部外すのは、とても重たいのと、戻す時に勢いよく置いて石が欠けてしまう事があります

そのような事にならないように、『簡単! お客さまでも出来る納骨方法

香炉を傾けて納骨します

  1. 香炉の奥に手をかけて、傾けます(傾けすぎると前に倒れますので注意!)
  2. その時に出来た隙間から、もう一人が納骨をします
  3. 出来るだけ、ゆっくり元の位置まで戻します

これだけで、香炉を持ち上げる事なく納骨が出来ます

注意

  • 線香などが固まって、香炉がお墓に貼り付いている場合があり動かないときがあります
    その場合には、プラスチックのヘラや木のヘラ(割り箸を削って作っても良い)を、香炉とお墓の隙間に入れて下さい
  • 香炉を傾けすぎると、倒れるので、香炉の手前に布などを置いておくと、より安心です
  • 戻すときに、勢いよく戻すと欠けますので、できるだけゆっくり戻して下さい
  • 水で濡れていると滑って危険です
    必ず、タオルなどで水を綺麗に拭き取って行って下さい

お客さまでも出来る納骨方法と言う事で、女将と子供で納骨をしてみました

詳しく聞きたい方は、大将に連絡下さい